オーストラリア、パースより体験談が届きました!③
渡部さま 2017年5月より
2017年5月中旬から11月中旬までの
半年間オペア生活をしました。


滞在先では
フルタイムで働いている
ママの代わりをしたり、
家の掃除をしたり、
夕食の支度をしたりと家族の一員として働きました。

朝は6時に起きて身支度をして
7時にリビングへ行き
そこから仕事が始まるといった形で、

子どもたちに朝ごはんを
食べさせて
ママの見送りをして
色々な知育玩具やカード、パズルでleaning time!!まだ、3歳と4歳の小さな子ども2人だからすぐに飽きちゃうので、遊びを通して数や文字などを教えました。
それから、午前中はバスを使って海の近くの公園へ!たくさん遊んだら家に帰ってランチタイム。ご飯が終わったら休憩タイムで、弟はお昼寝をしてお兄ちゃんは私とMovieを見たりレゴをしたりしてリビングでゆっくり過ごしました。
それから弟を起こして歩いて行ける公園でたくさん遊んだら家に帰って、ママとパパの帰りを待ちます。2人が帰ってきたら夕食が出来上がるまではママとおしゃべりしたり、子どもと遊んで、お皿やカトラリーの準備をして....Let’s eat!!食べ終わったら、片付けを手伝って1日が終わります。

仕事としては1日中ですが、週に3回だったので、残りの4日間はDay off!!

 
特に大変だと感じたことはひとつもなく、
自分はファミリーの一員だとゆう気持ちで過ごしていたので辛いこともなく毎日楽しかったです。ママも、私をファミリーとして扱ってくれていたので、お別れの時には寂しかったです。

  
ただ、一つ言えるのは
やはり子どもを預かっているという
責任は重大で、ママがいないときは私がママなんだ!という気持ちで過ごしました。怪我などのアクシデントは起きるときは起きます。私はチャイルド ファーストエイドの資格を取っているので、ある程度の知識があり何が起きても大丈夫なようにしていましたが、もし何の知識もなく不安があるなら、少しでも子どものことやファーストエイドの知識を知っておくと自信を持ってオペアをする事ができると思います。



また、まったく英語が出来なくても
デミペアもオペアもできると思いますが、
子どもへの指示や、注意など
大切な言葉だけでいいので
ノートにメモしておくといいかなと思います。
小さな子どもはやんちゃで、何をするか、何が起きるか分かりません。そんな時に、使える言葉さえ覚えていれば、危険から子ども達を守ることができるのではないでしょうか。

オペア生活は
楽しくて有意義で
ホストファミリーには感謝の気持ちでいっぱいです。そのファミリーの気持ちに応える為にも、私達を信頼して子ども達を預けてくれているのだから、自分のBestを尽くすことは必要不可欠だと思います。

思い返せば
日本を出発する前は
オーストラリアでの生活は初めてだったので
楽しみな反面、不安もありました。
しかし、素敵なホストファミリーと、Perthとゆう自然もありながら都会的な面も持っている街で過ごして沢山の思い出ができました。
そして、友だちと週末は必ず遊びにいろんな所へ行きました。いっぱい食べていっぱい喋って...本当に綺麗な海にも何回も行きました!



初めてのオペア生活は
私の人生で最高の思い出です。

行くか迷っているなら
必ず行くべきです。

このような機会を与えてくれた
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。





オーストラリア、パースより体験談が届きました!④2017年3月、高校卒業後に渡航

みなさんこんにちは!京都府出身の戎 陽生(えびす ひお)です!

オペア・デミペアプログラムに参加させていただいた理由とパースでのデミペア生活についてを紹介したいと思います。

○参加させていただいた理由
すごく昔に遡りますが、私は中学2年生の時、イギリスのboysバンドにどハマりしてしまい英語に興味を持ちました。そしていつか彼らと会った時に英語でスラスラ会話ができるようになりたいという夢ができました。ですが中学の頃の英語の成績は5段階中1を余裕でとってしまう程やる気がありませんでした。ですが高校2年生の始め頃なぜか急にやる気が出て、単語を覚えたり熟語を覚えたり英語をたくさん勉強しました。するとELTのネイティブの先生と少しずつ会話ができるようになり、英語を勉強するのが楽しくてたまらなくなりました。このように英語に触れる毎日を送る中で「将来は絶対に海外で働きたい!」という夢ができました。そこから高校3年生もずっと勉強を続けて、卒業後の進路を考える時期が近づいてきて、私は英語系の大学に進学するつもりでした。ですが大学はもちろんすごくお金がかかるし、その頃「(英語系の)大学を出ても英語を話せない人がたくさんいる」というニュースを耳にしたので、他に何か進路はないかなと考え始めました。大学はいつでも通えると思ったし、私はとにかく英語が話せるようになりたかったのです。そこでオペアというプログラムを見つけました。お金もそんなにかからないし子供は大好きだし英語は毎日話せるし最高のプログラムだと思いました。そして参加させてもらうことになりました。私が決めたこの進路を受け止めて応援してくれた母に感謝です。

○パースでのデミペア生活について
世界には色々なファミリーがいるかと思いますが、私はきっと世界で一番素敵なファミリーのお家でステイさせていただいてると思います。現在、パースにきて同じ家族のお家でステイさせていただいて8ヶ月を過ぎようとしていますが、苦労したこと・嫌だったことは何もありません。楽しかったこと・嬉しかったことがありすぎて本当に幸せです。母にこの事を話したら「あんたは鈍感力があってプラス思考やからいつでもハッピーなんや」と言われました。私は本当に幸せしか感じてないないのですが、確かに、『鈍感力』と『プラス思考』は大切なのかも知れませんね!私が気づいてないうちに発揮してるのかもしれません!

今から私のさせてもらっている仕事内容と、家族との素敵な思い出を紹介したいと思います。

~仕事内容~

子供ちゃんは7歳の男の子Harrisonくんと4歳の女の子Oliviaちゃんをお世話しています。

何時からなんの仕事をするかというのは決められていません。「○曜日は○○と○○をしてね」という感じです。

毎日することは「キッチン、テーブルを拭く」「掃除機」「晩御飯の後のお皿洗い」「洗濯一回分」です。

第一週目の月曜日→冷蔵庫を綺麗にする、OliviaちゃんのArt tableを整理整頓する

第二週目の月曜日→1日Oliviaちゃんのお世話

火曜日→学校お迎え、晩御飯を作る

水曜日→床をモップ、トイレや洗面所を綺麗に拭く、本棚やテレビの回りなどのホコリや汚れを拭き取る、Kidsの布団のシーツを取り替えて部屋を綺麗にする

木曜日→学校お迎え、晩御飯を作る

金曜日→学校お迎え

家事はいつもディズニーの歌を歌いながらすごく楽しんでしています♪ディズニーにうんざりなHarrisonはたまに「歌うのやめて!」と言ってきます(笑)

土曜日・日曜日はオフです。私のホストファミリーはたくさんイベントに連れて行ってくれたりしています。

~家族との思い出~

・毎日ビーチ!?

まずビックリしたのが、(夏は)ほぼ毎日子供たちは学校の後にお父さんとビーチに向かうことです。私もいつもついていかせてもらってました!私は京都出身なので周りに海はなく、海に行くとなれば夏休みに1日かけてまったり行くという感じだったので、それを簡単に毎日しかも短時間で楽しむというのには本当に驚きました。すごく羨ましいです。


▲ホストパパが掘った穴に3人で入っちゃった!


▲夏に向かうにつれて、ビーチの色が青く綺麗になっていくらしいです!♪

・人生初めてのBroadway show!

私がミュージカルやBroadway showが大好きなのを良く知っていたホストママは、ある日『Matilda』というBroadway showに連れて行ってくれました!!!その後は高級バイキングに連れて行ってもらい、その日人生初めてのドレスも着ました。そのドレスはホストママと選びんだものです。その日はまるでセレブのような1日を体験させてもらえました。感動と幸せと感謝でいっぱい。泣


▲Matildaの劇場に到着!!



▲高級バイキング!美味しかった~泣

・Oliviaちゃんと過ごす月曜日☆



バスに乗って公園に行ったり電車に乗ってCityに行ったり、お家でクッキーやケーキを作ったり絵を描いたり二人で寝転んで映画やアニメを見たり、トランポリンでいっぱいはしゃいだり...彼女の過ごす一瞬一瞬がすごく楽しくてかけがえのないものです。


▲簡単でかわいいお菓子作り♪


▲公園でいっぱいはしゃぐOliviaちゃん!

・人生初めてのラグビー観戦!

ホストパパに連れて行ってもらった初めてのラグビー観戦はすごく白熱してて、観覧者の叫び声には終始圧倒されてました(笑)ルールをよく分かってないまま見たけど、プレイヤーさん達はみんな一生懸命で熱気がすごく伝わってきました!


▲選手とのツーショットもゲット!!

・人生初めて訪れた農場

ホストパパのお母さんが持っている田舎の農場に泊まりにしばしば連れて行ってもらうことがありましたが、大きな空やたくさんの自然、夜にはキャンプファイヤーや満点の星空を見ることができて、農場にいる間ずっと感動していました。いとこ達も集まって、とても賑やかな時を過ごします。


▲犬のメイビーも一緒に来るよ♪


▲夜にはキャンプファイヤーに加えて花火も!


▲バイクも運転したことのない私が免許なしでこんな乗り物に乗れるなんて信じられなくて最初は怖かったけど、乗ってみると操作は案外簡単ですごく気持ちくて楽しかった!!♪

▲360度空を見渡すなんてこと生まれて初めてで、すごく感動したなぁ~...泣 夕焼けは最高に綺麗!!!

・私の19歳の誕生日







初めて海外で迎えた誕生日。すごく盛大に祝ってくれて感動して泣いてしまいました。私のディズニー好きを知ってるホストママは、Frozenの飾りやプレゼントをサプライズで用意してくれていて...また、私がチョコレート好きなことも知っていてすごく美味しいチョコレートケーキを用意してくれていました泣 子供たちが寝た後はパパとママがお家の防音室でカラオケパーティーをしてくれました...ママとはカラオケの後もある歌手についてすごく深く話して本当に濃い時間になりました。本当に最高の誕生日でした。すべてに感謝です。私は世界一の幸せ者だと改めて感じました!

・Decoration Hunting!!♪

もうすぐクリスマスなので、最近は夜ご飯の後に家族みんなでDecolation Huntingに行きます。クリスマスソングをBGMにアイスクリーム片手におおはしゃぎです。まず夏にクリスマスというのが新鮮ですごく楽しいです。そして個々のお家のDecolationのレベルが本当に高い!!!!!日本では見たこと無いくらいの明るさと大きさと迫力に圧倒されました。クリスマス当日も家族と共に過ごす予定で、本当に楽しみです!☆


▲これはホストファミリーのお家のDecolation ♪もちろん、飾り付けのお手伝いさせてもらいました☆


▲飾るのにどれだけの時間がかかったのだろう...とついつい考えてしまうほど、本当に立派なDecolation!!!

他にも楽しい思い出が本当にたくさんあります。分かると思いますが、ホストファミリーは私を本当の家族のように扱ってくれています。とてもありがたく幸せなことです。そして私にたくさんの『生まれて初めて』を体験させてくれました。本当に本当に私はこの家族が大好きです。一生忘れられないと思います。残り少し、たくさん楽しんでたくさんお手伝いして、1日1日無駄なく、素敵な家族とハッピーな日々を過ごしていきたいなと思っています!

○最後に

オペア・デミペアは、英語(その国の言語)を話すのが大好き(又はいっぱい話してみたい)!・子供が大好き!な人にはすごくぴったりなプログラムです。オフの日には自分の好きなことができるので、ストレスが溜まるなんてこともないと思います。私はこのプログラムに参加させていただいて幸せなことしかありませんでした。是非、気になってる方は真剣に考えてみても良いと思います!

ありがとうございました!




1712FB ドイツ、フライブルク2019年からの日本人Au Pair募集◆
現在、2名の日本人が活躍中のファミリーにて2019年からのAu Pairを募集しております。

ご応募はこちらからお願い致します。
http://www.worldaupairinjapan.net/form/entry.html



2018年1月または2月からスタート出来る日本人Au Pairを募集しています。

ご応募はこちらからお願い致します。
http://www.worldaupairinjapan.net/form/entry.html

[ Family Information, Preferences and Availability ] 受入ファミリー登録
[ Country, City ] ドイツ デュッセルドルフ
[ Single Parent family? ] No
[ Family Nationality ] Japan
[ Number of Children ] 2
[ We Require Care for Children Under Age 2 ] Yes
[ Children's Ages ] 4歳と1歳
[ Do You Require Special-Needs Care? ] No
[ Our children go to school (preschool) ] Yes
[ We have pets ] yes
[ Number of family living with an Aupair ] 4
[ Languages Spoken by Our Family ] 日本語
[ Religion/Spiritual Practice ] なし
[ Will Accept an Aupair Who Smokes ] No 50 Something Family Yahoo!
[ Require Au Pair Gender To Be ] Female
[ Prefers an Aupair in the age range ] No Preference
[ Aupair needs a driver licence ] No
[ Aupair needs to drive for work ] No
[ Light Housework Required of Au Pair? ] Yes
[ Frequency that Aupair can go to school ] 平日毎日
[ Aupair can go to ] 昼のコース
[ Good language schools for Aupair, near our house ] Yes
[ Language Aupair needs to speak to children ] 日本語
[ Preferred Au Pair Nationality ] 日本人
[ We pay air fare for Aupair ] Not at all
[ Earliest Starting Date Au Pair Required ] 2017年8月1日
[ Latest Starting Date Au Pair Required ] 2017年10月1日
[ Preferred Au Pair Nationality ] Anything 6 month 12 month
[ Comment ]
・就労時間:6H/日および30H/週以内
・休日:週一回
・有給休暇:1年契約の場合は4週間、契約1年以下の場合は月2日に相当する日数
・語学学校:月50ユーロ、ファミリーで負担
・待遇:家具付き個室(ゲスト用バスルーム、トイレあり)食事付
・お小遣い:260ユーロ/月
・保険:ファミリー負担
・交通費:交通カード支給

[ Au Pair Job Description ]
・家事お手伝い
・幼稚園の送り迎え
・子供の世話のお手伝い
・ペットの世話

[ Comment ]
家事のお手伝いと長男の幼稚園送り迎え、子供の遊び相手、託児、またペットの世話がメインのお仕事です。日中は毎日学校に通って頂く事が
可能です。条件及び待遇はドイツオペアの基本条件に従いますが、実際に来て頂く方の希望や目的により、話合いのうえ調整します。子供が
好きで家事育児のお手伝いをして頂けるやさしい方を希望します。現地幼稚園に通う4歳の息子の遊び相手になって正しい日本語を教えてあ
げて下さい。
長男4歳、二男1歳






[オーペア募集情報 1711FD]
スイス、チューリッヒのファミリーが2018年9月から開始できる
日本人オーペアを募集しております。
保育士、幼稚園教諭優遇。
お世話をするお子様は、2歳と4歳になります。
「Au Pair用に同じ建物にある別アパートの一室をご提供します。」
下の子(2歳)は毎日保育園に通 っているため、平日は主に簡単な家事と上の子(4歳)の面倒を見てもらうこ とになります。



ご応募はこちらからお願い致します。
http://www.worldaupairinjapan.net/form/entry.html



世界のオーペア(Au Pair)留学プログラム説明会
http://www.worldaupairinjapan.net/kouryu.html

子どもが好き!
海外に住んでみたい!

滞在費、食費が無料のオーペア留学プログラムの説明会を行います。
今回はオーストラリアから現地日本人担当者が来日!
キャンペーン中のオーストラリア、パースのプログラムのご説明
http://aupair-japan.blogspot.jp/2016/05/au-pair2.html 
(今回、説明会参加者用特別キャンペーン枠を確保致します。)

他にもアメリカ(約20万円で2年間滞在可能!航空券および滞在費食費無料)、
カナダ、イギリス、ニュージーランド、ドイツ、フランス、スイスなどのオーペア留学プログラムをご説明を致します。

日時: 2018/01/07(日)
13:30 ~ 16:30
場所: 東播磨生活創造センター「かこむ」
JR加古川駅から徒歩5分
〒675-8566 加古川市加古川町寺家町天神木97-1
地図: URL. http://www.kacom.ws/
⭐️参加費用
無料
参加申し込みはこちらから
http://www.worldaupairinjapan.net/form/contactform.html


限定4名《無料カウンセリング@大阪》
2018年1月8日月曜日(祝日)
大阪にてWorld Au Pair in JAPAN 代表の横山による
無料カウンセリングを行います。

1月7日日曜日のオペア説明会@加古川も参加受付中!説明会のご都合がつかない方は、ぜひご予約くださいね。

空き状況
1月8日月曜日
8時〜 ×
10時〜 ◯
12時〜 ◯
14時〜 ◯
16時〜 ◯
18時〜 ×

ご予約はこちらから
http://www.worldaupairinjapan.net/form/consulting.html

代表、横山のプロフィールはこちら
http://www.worldaupairinjapan.net/naviin/daihyo.html
◆アメリカAu Pair Trip グランドキャニオンツアー体験談◆



弊社のアメリカAu Pairプログラムに参加をすると初回は、無料のAu Pair Tripに参加出来ます!

今年も先週末に開催をされたグランドキャニオンツアー、
昨年参加をされたNamiさんから体験談が届きました!


2016年10月20日―23日 現地Au Pairエージェンシーが主催するグランドキャニオンへのトリップに行ってきた。参加者はとても多国籍で、イタリア、スペイン、イギリス、ブラジル、日本、オランダ、ドイツ人のオペアが16人、旅に同行するオペアスタッフの2人である。4日間という短さの中で、とても密度の濃い時間を過ごすことができた。その中でも特に思い出に残ったこと、その時感じたことなどについてシェアしたいと思う。

一日目:フリータイム、ハプニング
ポートランドを早朝に出発し、数時間後フェニックス・スカイハーバー国際空港到着。外へ出た瞬間、アリゾナの予想していなかった蒸し暑さに、タイツを履いてきたことを後悔したことを覚えている。シャトルバスに乗ってホテルまで向かう。窓の外の景色を見ると、まるで別の惑星に降り立ったかのような気分になった。本物のサボテンがあちこちに生えているのである。人よりもずっと背の高いサボテンにどこか魅力的を感じてしまった私は、もうアリゾナにいるということだけでわくわくしていた。

ホテルにつき、部屋へ行くと、イギリスから来たオペアの子が早くもくつろいでいた。軽く自己紹介をし、故郷では馬を育てレースにだしていたということを知る。違う国での生活の様子は話から想像するだけでも楽しい。

そして一日目はフリータイムだったので、近くにあるサボテンだけの植物園にまで足を延ばすことにした。サボテンだけでもこんなに種類があるのかと驚いてしまったこと、また見ているだけでも楽しかった。

しかし、少しぐったりしてしまうような暑さの中長時間外にいたこと、また写真を撮ることに夢中になって何度か携帯を落としてしまったことから、携帯が壊れるというハプニングが起きた。そのため、旅行中私が収めることができた写真は全くと言っていいほどない。夜は、ほかの州から集まってきたオペアと顔合わせを行う。

緊張とわくわく、携帯が壊れたという悲しさという色んな感情交じる何とも忙しい一日目だった。




2日目:セドナ、べアリゾナ、別荘
グランドキャニオンまでの道のりは長い。2日目以降は、Flagstaffという町で家を2つ借りて泊まることになっていた。朝食後、ロビーでオペアスタッフ2人と初めて顔を合わせ、そしていよいよ出発。2台の大きなバンに乗って、町まで片道約3時間にわたるアリゾナのロードトリップの始まり。車の中では、楽しい会話が終始絶えなかった。



今日の見どころ一つ目はセドナである。変わった形をした赤い砂岩の岩山が見られる町として有名で、レッドロックと呼ばれる場所には、本当に砂岩が赤とオレンジのペンキで塗られたような色をした岩が見られる。さらにアリゾナの強い日差しに照らされることでその岩の色に力強さをも感じられた。次に、車を一時間半ほど走らせ、べアリゾナという動物園へ向かう。ここでは、車に乗ったままパークの中のルートを周り、北アメリカで主に生息している動物を見て回ることができる。バッファローや、バイソンなどの、人生で初めて見る動物を間近で見られて、その独特な動きや大きさにみんな興奮していた。

そしてFlagstaffへ移動。家はまるで別荘のようで、9人で泊まるのに充分な広さだった。明日が待ちに待ったグランドキャニオンへのトリップ。楽しみな気持ちでみんな寝床へ。




3日目:グランドキャニオン、ルート66、最後の夜
そしていよいよ当日。グランドキャニオンには本当に圧倒された。実際に観ると、自分が見ている景色は本物なのか目を疑う瞬間、どこまでも続く景色に思わずめまいがしてしまいそうになる瞬間など、今でもそこで感じたことは覚えている。しばらくオペア仲間とぼーっと眺めたり記念撮影をしたり、少し下の方まで下ってみたり。日本では感じたことのない大地の広がりを、グランドキャニオンでしっかり味わってきた。

グランドキャニオンからの帰り道では、Williamsという町にあるルート66に立ち寄る。日本でいう昭和の面影を感じるような懐かしさを出す場所で、かつてグランドキャニオンまで走っていた列車、エルビスプレスリーの模型、コカ・コーラのファウンテンなど見ているだけで楽しめるものばかりだった。

そして帰宅。アリゾナで過ごす最後の夜は、ハロウィーンがもうすぐということもあって18人みんなで集まって仮装パーティをすることになっていた。さらにスーパーで買い出したもので、みんなでハンバーガーを作ったり、誕生日を迎えるオペアの子にサプライズのお祝いをしたり。たまたまあったピアノで演奏する子、その流れから、それぞれの国の国家を披露したり、みんなが知っていてみんなが歌える歌、ビートルズを歌ったり。様々な背景を持ち、オペアを通してたまたまこのトリップに集まった子たちとこうして何かを一緒にしたこと、またオペアスタッフが自信ある声で”Au pair is amazing.”といった言葉は、今でも忘れない。自分はいま改めて貴重な経験をしているのだと思った。



4日目:最終日
皆で連絡先を交換し合ったり、メッセージなどを書いたりして別れを惜しんだ。
“Enter As Strangers Leave As Friends”という玄関に書かれているメッセージに誰かが気付き、みんなでその通りだねとうなずき合う。記念撮影をとって、そしてまたそれぞれのバンに乗って、空港へ向かった。


オペアトリップのいいところは、ツアーとしていろんなアクテビティや見どころが盛り込まれているだけでなく、いろんな場所から来る初めて会う人たちと、同じオペアという共通点を持って一緒に時間を過ごせることだと思った。

違う国ではどんな生活をしていたのか、どうしてオペアを選んだのかなど、様々な考え方を短い時間の中で知ることができる機会だっただけでなく、そうやって知り合った子たちと一緒に感動する瞬間があったこと。その時の旅は終わっても、そこで作ったつながりは消えることはない。

結果的に携帯が壊れたことの悲しみは楽しいトリップのおかげで、少しの間忘れることもできた。そして一年たった今でもしみじみ思うのは、人生で2度と味わえないであろう思い出深い旅だったということだ。





【オーペア募集情報 1711FC】



ドイツの独日ファミリーが2018年4月から開始出来る日本人オーペアを募集しています。
お小遣いはドイツのAu Pair規定の260ユーロ。
働く時間は週30時間となります。

今まで弊社から3名の方が一年ずつAu Pairをされており、4人目のAu Pairを今回募集です。

ホストマザーはドイツの中高に当たるギムナジウムで日本語を教えています。
お世話をするお子様は2歳、4歳、6歳の男の子です。

ご応募はこちらから
http://www.worldaupairinjapan.net/form/entry.html

前回の募集情報
http://aupair-japan.blogspot.jp/2015/09/1508fbau-pair.html
【オペア募集情報 1711FB】
◆アメリカ、ロサンゼルス近郊の日本人ファミリーがAu Pairを募集◆





2018年1月または2月に渡米できる方。
アメリカ、ロサンゼルス近郊の日本人ファミリーがAu Pairを募集しております。 
正規のアメリカ国務省認定のAu Pairプログラムとなりますので参加規定は、18歳から26歳までです。

ご応募は以下アメリカオペア特設サイトよりお願いいたします。
http://www.worldaupairinjapan.net/america/